施設の空き状況を確認 check availability

2022年9月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
2022年8月


宿泊費用は、1グループ(上限5名)の料金とさせていただいております。
「小さな家」を含むエリアは、2エリアございます。
ご利用人数に応じて複数エリアの貸切りも可能です。
5名以上のグループでご宿泊をご希望の方はご相談ください。

施設案内announcement of establishment

見行山登山道入り口まで、徒歩1分!
登山、山里散策の拠点として最適な場所に位置しています。
宿泊エリアの目前には、建設中の村「福地いろどりむら」。小川が流れ、水車や炭焼き小屋がある、どこか懐かしい風景がひろがります。
大自然の風景と、夜は満点の星空をお楽しみください。
直火での焚火をお楽しみいただけるスペースも準備しておりますので、ルールを守ってご利用ください。
「小さな家」を含むエリア内では、ご持参いただいた『焚火台』などを活用していただき、草木や地質への影響に配慮をお願いいたします。

「小さな家」岐阜での過ごし方How to spend time

人によって楽しみ方、過ごし方は違うと思います。
しかしチェックインから消灯、チェックインまでの限られた時間、 さらに陽が高いうちにやっておいた方が良いこと、陽が落ちてからも楽しめることなどをある程度把握して行動することで、山里での時間をより有意義に過ごせると思います。
以下に、「小さな家」岐阜での、過ごし方の一例を記載させていただきました。あなたの時間の使い方の参考にしていただけたら幸いです。

チェックイン
チェックイン [11:30~]
まずは受付にてチェックインをお済ませください。YAOTSU MALLよりご注文いただきました商品のお渡しもこちらで行います。 ※お支払いは、事前にネット申し込みの際のカード決済、または銀行振込でお願いいたします。
キャンセルの場合の払い戻しなどは、お申し出を頂いた後、手続きをさせていただきます。
設営
設営 [12:00~]
チェックインが終わったら、拠点の設営を行いましょう。拠点の設営は、テントの設置だけでなく、イスやテーブル、調理器具置き場のレイアウトを決めるなど、「小さな家」の活用方法のシュミレーションを、お楽しみください。
お気に入りのラグや、キャンプ用のラックを持ち込んだり、ウィンドスピナーやガーランドフラッグで、山の中の自分だけのスペースを華やかにデコレーションを楽しんだり、あなたのアイデアで楽しくお過ごしください。
※安全・快適にキャンプを楽しむためにも、まずは持ち込んだ道具の説明書をしっかり読み、説明書通りの設営をお願いいたします。
山里散策・農業体験
山里散策・農業体験[14:00~]
拠点の設営が終わった後は、周辺散策や、2時間程度で楽しめるプチ体験型WSを楽しんでみてはいかがでしょうか。
見行山登山で、1時間程度の軽い登山体験や、茶園見学、プチ林業・農業体験、時期によって体験できるWSは変わってきますが、興味のあるものがあれば予約して楽しんでいただくこともできます。 ※体験型WSのご予約は、1週間以上前のご予約をお願いいたします。 体験型プチWSは、時期・季節によって内容が異なります。WEB産直市場 YAOTSU MALLサイトより御確認の上ご予約ください。
火の準備
火の準備 [16:00~]
山里を充分満喫して拠点に戻ったら、火の準備を始めましょう。火起こしは、キャンプ初心者の難関ポイントとなるため、薪や炭に火が移るまでの思ったよりも時間がかかってしまうことが非常に多いです。早めに取り掛かりましょう。
※直火での焚火は決められたエリア内のみでお願いいたします。基本的には焚火台の使用をお願いしております。 八百津町で伐採された木を加工した、スウェーデントーチや、薪もご用意させていただいております。WEB産直市場 YAOTSU MALLサイトよりご注文ください。
酒蔵やまだ 玉柏
夜ご飯[18:00~]
暗くなってきたらいよいよ夜ご飯の準備です。
夜の山歩きは危険ですので、暗くなる前に「小さな家」に戻って料理の準備を始めましょう。
ご希望のお客様には、アウトドア料理にピッタリの、酒蔵やまだの日本酒や、季節の食材セット(予約販売のみ)を御用させていただきます。
WEB産直市場 YAOTSU MALLサイトよりご注文ください。
就寝
就寝[22:00~]
「小さな家」の就寝時間は22時とさせていただいております。22時には焚き火を消化し消灯をお願いいたします。
LEDランタン等、小さな明かりを付けて静かにお話を楽しむくらいでは問題ありませんが、他の方の迷惑にならないよう配慮をお願いいたします。
朝ご飯
朝ご飯[8:00~]
ご希望のお客様には、平飼い鶏の卵や、八百津町の漬物・佃煮など詰め合わせの朝ごはん食材セットをご用意させていただきます。(予約販売のみ)
WEB産直市場 YAOTSU MALLサイトよりご注文ください。
片付け
片付け[9:00~]
設置したテントやタープを片付け、火の処理を行いましょう。
残った炭、ゴミは分別してルールにしたがって処理をお願いいたします。
「小さな家」岐阜周辺エリアの運営、環境の維持はみなさまのマナーで成り立っている部分が大きいため、「来たときよりも綺麗に」を意識していただけると幸いです。
チェックアウト
チェックアウト[~11:30]
「小さな家では、チェックアウト時間は8時45分~11時30分までとさせていただいております。
キャンプの片付けは思ったよりも時間がかかるため、余裕を持って片付けを始めましょう。

キャンプ初心者が揃えておきたい道具リストRequired tool list

タープorテント
寝泊りするだけでなく、日陰や風除けがあるだけかなり快適になりますのでデイキャンプでも1つは用意しておきたいアイテム。また、「小さな家」と合わせたカスタムもしやすいので、『自分だけのアレンジ』を思案したい方にはおススメのアイテムです。
コンロor焚き火代
焚き火やコンロなどは、料理を作るときに必要です。手軽に済ませたいならコンビニで食料を買うのもOK!(八百津町役場近くのファミリーマート・SEIYUより北には、スーパー、コンビニはありません。必要な物はあらかじめ準備をしてから山村エリアに入って下さい。)
しかし、せっかく八百津まで来ていただいたので、八百津の特産品を活用した調理を楽しんでいただきたいです。
八百津町食材セットは、YAOTSU MALLサイトからご注文いただけます。
燃料
燃料があると着火が早く、時間短縮に繋がります。特にデイキャンプでは時間が命!手早く料理に移りたい人向けです。
松ぼっくりや、針葉樹の葉っぱなど、天然の着火剤を活用するのも、山里でのキャンプの愉しみ方の一つかもしれません。山歩きのついでに、針葉樹の枯葉や、落ちている松ぼっくりなどを探してみてください。
クーラーバッグ
食材や飲み物運ぶときに使用します。料理など温かいものを運びたい人は2つバッグがあると便利です。
テーブル/イス
食事をしたり、休憩するときに必要な道具です。必需品なので忘れないようにしましょう。
食器/調理道具
隣接する別施設の、「いろどり村」施設内のキッチンを使用することも可能です。しかしレンタル代がかかってしまうのでなるべく自分で用意しましょう。また紙皿や割り箸を持っていくと後片付けをカンタンに済ませることができます。
また、軍手やウェットティッシュといった消耗品を持っていくとより快適にアウトドア活動を楽しむことができます。
ゴミ袋
食事などで出たゴミを入れるために必要です。「小さな家」岐阜 では、ゴミのお持ち帰りをお願いしております。何卒よろしくお願いいたします。
寝袋
「小さな家」岐阜に、寝具の準備はありません。冬場はもちろん、夏場でも朝方は冷え込むため必ず持っていきましょう
マット
地面の冷気や凹凸を遮断するアイテム。寝るときはもちろん、床でくつろぐときにも大活躍!
着替え
汗をかくことも多く、いつ汚れるかわからないので1泊でも2日分持っていくと良いです。
歯ブラシ
普段使用しているスキンケアグッズなどと合わせて、意外と忘れがちなアメニティ類は出発前の確認!
雨具
キャンプ場の天候は変わりやすいため、晴れ予報でも必ず持っておくべきアイテム。登山用のレインウェアなどは、両手をあけられて、雨の中での活動にも便利でおススメです。